名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
自分の誕生に我々は関与できないのであるから、生まれたということ自体、すでに「生きよ」という運命の結末なのである。
死はその過程に必然的に表れてくるものであって、我々が考えることではない。


[ 出典 ]
サローヤン
[ウィリアム・サローヤン]
(20世紀米国の作家・劇作家、1908〜1981)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 上だか下だか右だか左だか、余計なものばっかり見ているから、肝心なものが見えなくなるんだ。ただまっすぐ前を見つめていればいい。
(ドラマ『ストロベリーナイト』)


2. 旅行に限らず、人生すべて、たくさんの荷物をぶらさげて歩く事は、陰鬱の基(もと)のようにも思われる。荷物は、少ないほどよい。
(太宰治)


3. 人生の三分の一は働いていて、余暇も三分の一あるとして、余暇だけしか楽しんでいないと、人生の三分の一しか楽しくない、ということになる。
(吉田雅紀)


4. 魂の病は身体のそれよりも危険であり、かつ怖ろしい。
(キケロ)



5. もし、私が山で命を落としても、悲しみ嘆いてくれるな。それよりも、あいつは望んだような死にようをしたと言って下さい。どう考えても、山における死は一つの特権なのだ。それは無駄な死ではない。最も力強い物……
(ジャン・コスト)


6. 経営者の仕事の大部分は、人と折衝することである。嘘と真実を見分け、誇大と威嚇とを見抜き、自分の感情はできるだけ隠すとともに、相手の微妙な感情の動きや語調の変化などを読みとることが何より大事で、その……
(作者不詳)


7. 古人の残して行った幾多の芸術は、新しいという、また古いという時間的生命に、支配されることはない。そこには時間と共に亡び去ることのない、永遠の生命が躍動している。自らの生命を打ちこんで築き上げた、自……
(九条武子)



8. 相手の優しさに気付く心を持つことが、本当の優しさ。
(漫画『月の夜 星の朝』)


9. 愚者の第一段階は己自身の賢明さを隠蔽することにあり、第二段階はそれを告白することであり、第三段階は、忠言を侮ることである。
(フランクリン)


10. 楽しい晩餐は、すべての者を和解させる。
(ピープス)