名言ナビ



[ 名言 ]
文は削りに削って危うく分からなくなる寸前でとどまるをよしとする。

[ 出典 ]
山本夏彦[やまもと・なつひこ]
(大正〜昭和の随筆家・コラムニスト・編集者、1915〜2002)
『完本 文語文』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
文は削りに削って危うく分からなくなる寸前でとどまるをよしとする。
それを転瞬のうちに理解する読み手の快いくばくなるを知らない。


[ ランダム名言 ]