名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
あまりうちとけ過ぎる人間は尊敬を失います。
気やすい人間は馬鹿にされます。
むやみに熱意を見せる人間はいい食いものにされます。


[ 出典 ]
バルザック
[オノレ・ド・バルザック]
(19世紀のフランスの小説家、1799〜1850)
『谷間の百合』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
あまりうちとけ過ぎる人間は尊敬を失いますし、気やすい人間は馬鹿にされますし、むやみに熱意を見せる人間はいい食いものにされます。

(ver.2)
…いい食いものにされてしまいます。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 悪徳の最たるものは、いかなる悪徳をも恐れず、悪徳を自慢し、悪徳を後悔しないことである
(ローガウ)


2. 成功者になるために一番大切なものは、「自分にもできる」という信念である。思いきって事に当たらない限り、決して名声も成功も得られない。
(ジェームズ・ギボンズ)


3. (過去の失敗について)人に話すことも克服する助けになる。
(ドラマ『相棒 シーズン11』)


4. いくら学問をしても、いくら経験を積んでも、自分の心の中に積極性が欠けていたら、その知識も経験も理想通りに活用できないのである。
(中村天風)



5. 願望実現に代償はつきものです。代償なしに願望をかなえることはできません。
(ジョセフ・マーフィー)


6. 私はもはや快楽と憂苦とを区別しなかった。それは互いに等しく、どちらもが私に苦痛を与え、どちらもが甘美であった。
(ヘルマン・ヘッセ)


7. 人生の長さは思いどおりにはならないが、人生の幅、奥行き、高さは意のままにできる。
(アッピウス・クラウディウス)



8. 女というのは(泣きたいときは)泣かせてやらなければならない。泣きぬくと、泣くべきものがなくなって、あとはすぐに忘れてしまうものなのだ。
(キルケゴール)


9. 人間の一生は誠にわずかの事なり。好いた事をして暮らすべきなり。夢の間の世の中に、好かぬ事ばかりして、苦しみて暮らすは愚かな事なり。
(山本常朝)


10. みんな口を揃えて「時間がない」と言います。でも何に追われているのかといえば、何にも追われていないのです。ただ情緒的に慌ただしいと感じているだけ。現実には時間は十分にあるのに、みんな時間割のつくり方……
(美輪明宏)