名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
詩は、怒りと、飢えと、落胆を道連れにしている。


[ 出典 ]
クリストファー・モーリー
[モーレー、モーレイ]
(20世紀米国の作家、1890〜1957)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. ありのままの自分を出すほうが、自分を偽って見せるより、得るものは大きいはずだ。
(ラ・ロシュフコー)


2. 笑ってよ、笑って! 笑えば、安心するから。
(永六輔)


3. 無神論者も夜になると、神に対して半信半疑になる。
(エドワード・ヤング)


4. ひとりの 殻を出て 縁あるままに 人に遭う 仏に遭う
(榎本栄一)



5. 困難な時には自ら身を挺(てい)して先頭に立つのがリーダー。いざという時、大将が後ろに隠れていては部下を説得できないですよ。
(瀧澤三郎)


6. 詩は、奇抜さではなく巧みな過剰によって驚かせなければいけません──読者に、自分自身の最高の考えを言葉にしたものという印象を与え、それがほとんどひとつの思い出のように見えなければならないのです。
(キーツ)


7. 事の破るるは得意の日にあり。
(沢村貞子)



8. 経営者が社員の給料を増やすことは大事である。しかし、社員が魂を打ち込んで仕事ができる環境を整えることのほうが、さらに大事である。
(松下幸之助)


9. (雑誌を作る時に)マーケット・リサーチは極力やらない。調査のための調査をいくらやってもしようがない。だれかの勘、感性を頼りに切り込んでいく。成功する商品というのは、個人芸の要素が絶対必要ですよ。
(木滑良久)


10. まっすぐにしゃべれば、光線のように心に届く。
(アパッチ族の格言)