名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
勇気の5つの心得──4.昼間より夜のほうが気が滅入るものだ。
勇気は太陽と一緒にやってくる。


[ 出典 ]
デール・カーネギー
(20世紀前半の米国の自己啓発権威・講演家・著述家、1888〜1955)
「D・カーネギー名言集」─勇気の5つの心得(4)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
勇気ある人間になりたければ、以下の五つの心得をしっかり守ることだ。
何事に出合ってもびくともしない人間になること請合いである。
1.本当に勇気があるかのように振舞う。
こうすれば元気が出てきて、「自分だって、あれくらいのことはできるのだ」という気になるから妙だ。
2.よく考えてみれば、失望落胆して壁に行き当たった人の多くが、立派にそれを乗り越えてきているのだ。
他人にできたことが自分にもできぬはずがない。
3.人間の生命力は、リズムにしたがって盛んになったり衰えたりしている。
意気消沈して人生に立ち向かう意欲を失えば、どん底まで落ち込んで這い上がれなくなる。
だが、あくまで勇気を失わなければ、今まで自分を抑え続けてきた力を一転して、失意から抜け出す力に転化できる。
4.昼間より夜のほうが気が滅入るものだ。
勇気は太陽と一緒にやってくる。
5.勇気は、人の偉大さをはかる物差しである。
自分の理想像のレベルに達するまで頑張ることだ。


[ ランダム名言 ]

1. あなたが遠慮しても世界の役には立たないのだ。まわりの人が気後れしないようにと、あなたが身を縮めることは何の美徳でもない。
(ネルソン・マンデラ)


2. 愛とは知の極点である。
(西田幾多郎)


3. 老馬の智用うべし。
(『韓非子』)


4. 「次に(エベレストに)行ったら本当に死ぬ」という恐怖に囚われながら、「じゃあ止めるのか? また何もなかった頃の自分に戻るのか?」って考えると、僕はそっちのほうが怖かった。
(野口健)



5. 後ろ向きの態度で、あらゆるものから逃げ腰になり、決して真正面から挑戦しないのであれば、如何(いか)なる現実も「経験」には成り得ない。
(吉田武)


6. 世の中狭いから、昔の知人が思わぬところで助けになってくれることもあれば、足かせになったりするかもしれない。
(ディビッド・A・セイン )


7. 考えるということは、自分の問いに明確に向き合うことなのだ。
(西研)



8. 成敗(せいはい)は時の運。
(日本の格言)


9. 過ちも失敗も多かった。だが、後悔する余地はない。
(ヘルマン・ヘッセ)


10. 思いきって違った世界へ出てゆくことで、苦痛がまぎれる。
(秦恒平)