名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
魂のみが人の魂を勝ち取るし、心のみが人の心に火を点ずるのである


[ 出典 ]
エレン・ケイ
(スウェーデンの社会思想家・教育者・女性活動家・フェミニスト、1849〜1926)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

勝ち取る

火を灯す
エレン・ケイの名言


[ ランダム名言 ]
1.
「お金なんていう次元の低いものにはこだわらない」という人は、自分を認めてくれない社会に腹を立てている人である。
(スチュワート・ワイルド)
2.
救いは、人々の欲求のために存在するのではない。一切のものすでに救いの光のなかに在(あ)るのである。
(九条武子)
3.
4)(上に立つ者は)褒める時褒め、叱る時叱る。忘れたり、遠慮したりするな。
(「住友訓」)
4.
賭博は貪欲の子供であるが、浪費の両親である。
(コルトン)

5.
(受ける)仕事は、やりたいかやりたくないかでは決めない。やってくださいと言われてやってみると、自分はこういう能力があったんだなと、逆に人に教えてもらっていることが多い。
(林修)
6.
客観とは主観の集合である。
7.
希望が人間をつくる。大いなる希望を持て。
(テニスン)

8.
多数派のほうが安全だと…思い込んでいたら、間違いである。多数派はあるピークを境に必ず少数派に叩き落とされる運命にある。
(鈴木光司)
9.
渡る世間に鬼はない。
(日本のことわざ)
10.
享楽の行為は私の認めるところでは、他のあらゆる情熱を従属させる情熱である。しかしそれはまた、他のあらゆる情熱と同時に結合する。
(マルキ・ド・サド)