名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
友情にも一目惚れはある。
だがそれをうち明けることは許されていないし、最初にあった時から感じていた尊敬や共感を口にするには、時として、長い間待たねばならぬ。


[ 出典 ]
ボナール
[アベル・ボナール]
(19〜20世紀フランスの作家・詩人)
『友情論』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 真面目なやつは上が見ていようが見ていまいがやる。とはいっても、上に立つ者はそれを評価し褒めてやることが大切だ。
(新井正明)


2. 人間、風格だけじゃいけません。哲学がなきゃいけません。
(永六輔)


3. 中傷に打ち克つ道は、それを軽蔑するだけでよい。
(マントノン夫人)


4. はじめからソロバンずくでは、製品はつくらない。ただ、よい製品さえつくれば、ソロバンの方は自然と合ってくれるものだ。
(藤井林右衛門)



5. 従業員は企業トップが育てるんじゃなくて、職場が育てるんですね。うちの業種でいえば、お客様が社員を教育してくれるんですよ。
(堤義明)


6. (人間の)改革は外からではなく内から出て来るものでなければならない。諸君は道徳を立法化することはできない。
(ジェームズ・ギボンズ)


7. 理想をもたぬものは、生命を忘れているものである。
(九条武子)



8. 音楽にジャンルはない。あるのは良い音楽と悪い音楽だけだ。
(デューク・エリントン)


9. あまり多くを求めないことだ。とくに他人に対しては。
(レオ・C・ローステン)


10. 女々しくて弱々しくて臆病で気が小さくてガラス細工のように繊細な存在、それが、男です。現実的でケチで神経が太くていざとなったらずうずうしく開き直る、それが、女です。逆ですって? とんでもありません!……
(美輪明宏)