名言ナビ



[ 名言 ]
私にしてみれば、快楽や恥辱のうちにあって喜んでいる者のほうが、艱難に耐えているとおぼしい者よりなお、同情に値する。
(ver.0)

[ 出典 ]
アウグスティヌス
[アウレリウス・アウグスティヌス、アウグスチヌス、聖オーガスティン]
(古代ローマのキリスト教神学者、哲学者、354〜430)

ページ内メニュー

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
私にしてみれば、快楽や恥辱のうちにあって喜んでいる者のほうが、困難に耐えているとおぼしい者よりなお、同情に値する。

[ 補足 ]
※艱難(かんなん)=困難に出あって苦しみ悩むこと。
また、そのさま、困難。

[ 関連キーワード ]

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.

2.

3.
( )

4.


5.
( 原田泳幸 )

6.

7.


8.

9.

10.