名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
ある事が起きてから、その事を悩んでも何にもならぬ。
悪化させるだけだ。


[ 出典 ]
デ・ペリエ
[ボナヴァンチュール・デ・ペリエ]
(16世紀前半フランスの作家、1510〜1544)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
悩む
悪化


[ ランダム名言 ]

1. 失敗に学ぶことで、何をやってはいけなかったかだけではなく、何をすべきだったかがわかる。
(シドニー・フィンケルシュタイン)


2. 男子高校生は「娘」という言葉をきき、その字を見るだけで、胸に甘い疼(うず)きを感じる筈(はず)だが、この言葉には、あるあたたかさと匂いと、親しみやすさと、MUSUMEという音から来る何ともいえない……
(三島由紀夫)


3. 二十五歳までは勉強しなさい。四十歳までは研究の時代である。そして、六十歳までその研究を続けなさい。
(ウイリアム・オスラー)


4. 無意味で不必要な努力くらい人間を消耗させるものはないのだ。 無意味で不必要な努力くらい人間を消耗させるものはないのだ。
(村上春樹)



5. どんな職業にも、芸術家的な要素、科学者的な要素、哲学的な要素が含まれている。一つの職業を極めた人は、一流の芸術家であり、一流の科学者であり、一流の哲学者である。
(ながれおとや)


6. 金を儲けようという考えからだけで事業を始めるとすれば、成功しないだろう。
(ホール)


7. 完璧な芸術家というものは、生来の素質よりも修業に負うところが多い。
(ゲーテ)



8. 隣人を侮る者には、分別がない。利口者なら、黙っている。
(『旧約聖書』)


9. 人間の容貌というものは、その容貌の背後にある心にかたどられて出来る。心に高尚優雅なことを考えていれば、その人の顔が自然、優雅になる。くだらぬことを考えると、すぐその人の顔はくだらなくなる。
(ウィリアム・ウォルペン)


10. 自主経営を貫くが、自前主義には執着しない。自主経営とは、「ありたい姿」や「あるべき姿」を従業員と共有しながら、経営者が戦略の実行局面で幅広い選択肢を持って、主体的に意思決定できることを指します。
(井上礼之)