名言ナビ



[ 名言 ]
悟りということは、いかなる場合にも平気で死ぬことではなく、いかなる場合にも、平気で生きていることである。

[ 出典 ]
正岡子規[まさおか・しき]
(明治の俳人・歌人、1867〜1902)
『病牀六尺』

ページ内メニュー

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
悟りとは、いつでも、どこでも死ぬ覚悟ができることではなく、いかなる場合でも、平気で生きることである。

(ver.2)
悟りという事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思って居たのは間違いで、悟りという事は如何なる場合にも平気で生きて居る事であった。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
悟り
死ぬこと
生きる
平気
死ぬ覚悟
正岡子規の名言

[ 全文・続き ]
〈ver.0全文〉
余は今まで、いわゆる悟りということを誤解していた。
悟りということは、いかなる場合にも、平気で死ぬることかと思っていたのは間違いで、悟りということは、いかなる場合にも、平気で生きていることであった。


〈ver.1全文〉
禅の悟りとは、いつでも、どこでも死ぬる覚悟ができることだと思っていたが、よく考えてみると、それは大変な誤りで、いかなる場合でも、平気で生きることであることがわかった。


[ ランダム名言 ]
1.
人生は考え方次第で明るくも暗くもなります。その選択権はあなたにあるのです。
(ジョセフ・マーフィー)
2.
女は男よりも利口である。というのも、女は知ることは少なく、理解することがより多いから。
(ジョセフ・ステファンズ)
3.
私は信条より人間を好む。そして、信条のない人間をこの世でもっとも好む。
(ワイルド)
4.
めずらしくもなく たいした草でもない、ごくあたりまえの三ツ葉のクローヴァーがなければ、じつは四ツ葉のクローヴァーなど何の価値もないのだ。
(長田弘)

5.
この世に完璧な人間は一人も存在しません。だから、完璧を求めるのはおやめなさい。
(ジョセフ・マーフィー)
6.
神が手を差し伸べたくなるぐらいにまでがんばれ。
(稲盛和夫)
7.
(ディスカッションする前に)まず始めに学生たちそれぞれに課題に対しての自分の考えを紙にまとめてもらうのだ。とりあえず書くことで人は孤独になれる。自然に自分と向き合うことになる。そのステップを終えて……
(齋藤孝)

8.
人間関係も腹六分でつき合っていけば、全部うまくいく。誰でもいいところもあれば、悪いところもある。腹六分くらいならば、いいところだけでつき合っていられる。悪いところはお互いに見せないですむんです。
(美輪明宏)
9.
ろくでなしを首吊りの綱から降ろしてみよ。こちらが吊るされる。
(ムーリエ)
10.
これをやると儲かるだろうとか利益が出そうだという発想は全然ない。こういう常識を変えてしまおうという発想がまず先に来る。それから、それをビジネスにするにはどうしたらいいかを考える。
(池森賢二)