名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
日本語ほどコトバ遊び、もっと正鵠(せいこく)を期するとコトバの音遊びの豊富な言語はないだろう。


[ 出典 ]
井上ひさし[いのうえ・ひさし]
(小説家・劇作家、1934〜2010)

[ 補足 ]
※正鵠(せいこく)=物事の急所、要点

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.
我々はただの一度しか死なないのに、それがまたなんと長い期間なのだろう。
(モリエール)
2.
潜在意識が奇跡を起こすのだということを皆が知るようになれば、宗派間の争いはなくなるだろう。
(ジョセフ・マーフィー)
3.
いわゆる害悪と呼ばれるものの多くは、悩める者の心のあり方を、恐怖の態度から闘争の態度へと変化させることにより、気を引きしめる強壮剤に変えることができる。
(ウィリアム・ジェームズ)
4.
酒を傾けて酵母を啜(すす)るに至るべからず。
(森鴎外)

5.
自分の考えがいくら正しいと思っても、他人から見ると間違っていることが少なくない。他人の行いの善し悪しも、よそ目にははっきりと見えやすい。
(洪応明)
6.
大切なのは、問うのをやめないことだ。
(アインシュタイン)
7.
今日のあわれは明日の我が身。
(仏教の教え)

8.
一生懸命に打ち込んだことっていうのは、その人の栄養になるんですよ。お金のためとか、得になるからとか、打算的なことは考えない。ただ、ひたすら打ち込む。そうすると自信が持てるようになります。
(假屋崎省吾)
9.
一家、ネットワーク、一族、家族、何と呼んでもよい。何と呼ぼうが、誰であろうが、それが必要だ。
(ジェーン・ハワード)
10.
不満は進歩の第一歩
(西洋の格言)