名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
しあわせな子どもの歌を歌う、好感は持てるが感傷的な男は、自然に、純真さに、はじめに帰りたがっているが、子どもはけっして幸福でないこと、子どもだってたくさんの戦い、たくさんの分裂、あらゆる苦悩を持ちうることを、すっかり忘れてしまったのだ。


[ 出典 ]
ヘルマン・ヘッセ
(19〜20世紀ドイツの小説家・詩人、ノーベル文学賞受賞者、1877〜1962)
『荒野のおおかみ』(高橋健二訳)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 恐れ──それを抜け出す最善の方法は、それを味わい尽くすことです。
(ヘレン・ケラー)


2. 逃げ出した馬を連れ戻すには、鞭(むち)の音を響かせるだけでは駄目なのだ。


3. 本業を離れるな、本業を続けるな。本業の中身の革新がカギ。
(牧野昇)


4. 自分を何も変えないで、ただ事態が変わればいいと思っているさまを、狂気という。
(伊藤守)



5. 人間というものは、ちょっとスキがあったほうが、人に好かれるものだ。一点の非もない人間よりも、どこかスキのある人のほうが人に好かれる。
(斎藤茂太)


6. 誰が正しいか、ではなく、何が正しいかが重要だ。
(トマス・ハクスリー)


7. ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ。
(オノ・ヨーコ)



8. 不要なものを捨てる。人生はそれだけである。
(長田弘)


9. したい人、1万人。始める人、100人。続ける人、1人。
(中谷彰宏)


10. 人間の一生のあらゆる行動のうちで、結婚は他人に関係することの最も少なきものである。だがそれはまた、あらゆる行動の中で他人に干渉されることの最も多きものである。
(セルデン)