名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
作者の仕事などは、しょせん、「書かれてしまった書物」から、自分のために残しておきたい部分を選び、あとは消しゴムで消し去ってゆく作業でしかないのかも知れないのである。


[ 出典 ]
寺山修司[てらやま・しゅうじ]
(劇作家・詩人・歌人、1935〜1983)
『悲しき口笛』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
あらゆる書物はあらかじめ書かれてしまっていた──と、盲目の作家ルイス・ホルヘ・ボルヘスは言った。
なるほど、そうかも知れない。
作者の仕事などは、しょせん、「書かれてしまった書物」から、自分のために残しておきたい部分を選び、あとは消しゴムで消し去ってゆく作業でしかないのかも知れないのである。

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.
猫の躾は難しいと言われた。とんでもない。私の場合、2日で猫に躾けられてしまった。
(ビル・ダナ)
2.
科学がなければ、愛は無力である。愛がなければ、科学は破壊的である。
(ラッセル)
3.
誤謬(ごびゅう)を犯すは人間の性(さが)なり。
(キケロ)
4.
私は自分が幸せであるほうへ票を投じる。
(ナンシー・メイア)

5.
私たちは何か本当に精神的な安息感、心に暖かさを与えてくれるものを、職場でも家庭でも遊びの世界でも遂に見出し得ず、舞台の上で見せかけの演技をやりつづけているような不安感に駆られ、真の安住を得ていない……
(会田雄次)
6.
現実という壁の前に立った時、いたずらに壁の厚さのみを測ることがないだろうか。実行する前に言い訳を考えていないだろうか。
(中内功)
7.
身分不相応の生活をするものは馬脚を現す。
(ゲーテ)

8.
人を頭から決めつけてはいけない。
(ルイーズ・ディッキンソン・リッチ)
9.
近道を探すことは、結局、落胆とフラストレーションをもたらすだけである。
(スティーブン・R・コヴィー)
10.
私は、勤倹精神だの困苦欠乏に耐える精神などというものが嫌いである。
(坂口安吾)