名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
しゃべっているとき、書いているとき、精神は空腹をみたしているのだが、そのときほんとに養分として摂取されるのは、ごくわずかで、あとは老廃物として排せつされているのとおなじだ。


[ 出典 ]
吉本隆明[よしもと・たかあき]
(思想家・詩人・文芸評論家、1924〜2012)
『言葉からの触手』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
精神にとっての食物、つまり言語。
言葉をしゃべったり、書いたりするのは、精神が喰(た)べてることだ。
__ Link __

しゃべっているとき、書いているとき、精神は空腹をみたしているのだが、そのときほんとに養分として摂取されるのは、ごくわずかで、あとは老廃物として排せつされているのとおなじだ。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
泣くだけ泣かなきゃ、いい人間になれませんよ。
(林芙美子)
2.
その身はたらかずして、銭が一文天から降らず、地から湧かず
(井原西鶴)
3.
母親は息子の友人が成功すると妬む。母親は息子よりも息子の中の自分を愛しているのである。
(ニーチェ)
4.
人がこの世に生まれて来ることに、たいした意味はない。だが、自分が生まれて来た意味を自分の力で作り出すことはできる。
(ながれおとや)

5.
有能で真面目で、他人の役に立つ人物になることを心がけ、それを常に忘れないでいる。すると、日のたつにしたがって、そのような人物になっていく。
(エルバート・ハバード)
6.
乱暴な言葉は魂を傷つける。
(『旧約聖書』)
7.
不可能事を追い求めるのは狂気の沙汰である。ところが悪人がこのようなことをしないのは不可能なのである。
(アウレリウス)

8.
画家は、労働者が働くように勉強しなければならない。
(ピカソ)
9.
自分の魂(精神)をできるだけ優れたものにせよ。
(ソクラテス)
10.
いまここで、ぶつぶつと不満や 弁解をしながら生きるか、いまここを、生き生きはつらつと いのちいっぱいに 光りかがやいて生きるか── それをきめるのは いまここの自分。
(相田みつを)