名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
欠陥だらけの人間でも、その人間が鈍感であり、自己を見つめる目がなければ平気なのである。


[ 出典 ]
三木卓[みき・たく]
(詩人・小説家、1935〜)
『青春の休み時間』

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
劣等感とは、十全に生きたいと強くねがう人ほど味わわねばならぬ可能性が多くなる感覚なのであって、いちがいに萎縮した退嬰的なものと思うわけにはいかないのである。
__ Link __

われわれは、ほとんどだれも、完璧な形で宇宙の意志を実現しているものではないはずであるから、そのことを強く意識したものほど劣等感を味わうであろう。
__ Link __

欠陥だらけの人間でも、その人間が鈍感であり、自己を見つめる目がなければ平気なのである。
__ Link __

だから、劣等感というものは、高級な感覚だ、ともいえる。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 貧困は僕にとって必ずしも憎むべきものではなかった。なぜなら、太陽と海は決して金では買えなかったから。
(カミュ)


2. 正しい結婚生活を送るのはよい。しかし、それよりもさらによいのは、ぜんぜん結婚をしないことだ。そういうことのできる人はまれにしかいないが、そういうことのできる人は実に幸せだ。
(トルストイ)


3. 契り深くて語(かたら)ふ人の、末(すえ)まで仲よき人かたし
(清少納言)


4. 会社というのは、人のピラミッドでできている。人の和がいちばん大切だ。
(大賀典雄)



5. 何かがほんとうにほしくてたまらないとき、突如として思いがけない能力が発揮されることがある。信念――決意といってもいい――があれば、私たちが日ごろ不可能だと思っていることも成し遂げられる。
(ジョー・トーリ)


6. 遺書が無い自殺というのは、発作だと思って下さい。
(永六輔)


7. 楽しみの裡(うち)に在(あ)って、何人(なんぴと)もともに楽しみ、ともに親しみ合うことは稀である。苦しみをともにしても、楽しみをともにし得ないところに、地上の生活の、かなしい我見自利のすがたがみと……
(九条武子)



8. 夫婦なんかは別れちまえば赤の他人だが、兄弟の血は一生もんだ。
(アニメ『とある科学の超電磁砲S』)


9. 無差別殺傷の最たるものが、原爆でした。そういう悪魔の爆弾を作り出した科学者と企業家の罪を、それを人間の上に落とした政治家と軍人の罪を、ぼくはもっといろいろ突っ込んで、研究するね。
(加賀乙彦)


10. 人間がもし自分の周囲に絶えず行われている自分に対する裏切りの実相を一つ残らず全部知ったならば、その人間は発狂するだろう。
(太宰治)