名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
病気の父が何であっても、誤った食養生が、病気の母となる。


[ 出典 ]
ジョージ・ハーバート
[G・ハーバート]
(17世紀前半イギリスの詩人・神学者、1593〜1633)
『知恵の投網』

[ 意味 ]
どんな病気でも、食生活の悪さがもう一つの大きな原因である。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
病気

誤る
食養生

食生活
病気の原因
ジョージ・ハーバートの名言


[ ランダム名言 ]
1.
我々は人間についてあまりにも知らない。絶望的に知らなすぎる。
(ヘルマン・ヘッセ)
2.
エミール、幸福にならなければならない。これはあらゆる感覚を持つ存在の目的なのだ。これは自然が私達に感じさせる基本的な欲求であり、決して私達になくならない唯一つの欲求でもある。
(ルソー)
3.
高き住居(すまい)は児孫(こまご)に和楽(わらく) 想え惨禍の大津波 此処(ここ)より下に家を建てるな
(三陸海岸にある大津波記念碑に書かれている言葉)
4.
用兵の道は、心を攻むるを上(じょう)となし、城を攻むるを下(げ)となす。
(『三国志』)

5.
(私は)アイデアを生み出すときに一切のメモを使わず、脳だけで考えている。
(茂木健一郎)
6.
人間は、走っても、歩いても、立ち止まっても生きられるんですね。しかし、一般の人は走って生きているんですね。だけど、走っていると景色は流れてよく見えない。速度をゆるめると、ある程度見えますね。これが……
(牟田悌三)
7.
ものに出会って驚くという体のしくみこそ、人間のすべての創造の源泉だと言っても言い過ぎにはならないと思います。
(辻村寿三郎)

8.
学問は、我々がいかほどまで無知であるかを分からせることよりほかには、ほとんど役に立っていない。
(ラムネー)
9.
勇気は愛のようなものである。育てるには、希望が必要だ。
(ナポレオン・ボナパルト)
10.
世界でもっとも不幸な人間というのは、せっかくの時間を何に使ったらよいかわからなくて、いたずらに一日を迎え一日を送る人間の事を指すのだろう。
(エレノア・ルーズベルト)