名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人間は、時として、充たされるか充たされないか、わからない欲望のために、一生を捧げてしまう。
その愚をわらう者は、畢竟(ひっきょう)、人生に対する路傍の人に過ぎない。


[ 出典 ]
芥川龍之介[あくたがわ・りゅうのすけ]
(明治〜大正の小説家、1892〜1927)
『芋粥』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
人間は、時として、満たされるか満たされないか…(以下同文)

[ 補足 ]
※畢竟(ひっきょう)=結局。
要するに。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.
不幸はほとんどの場合、人生に対する誤った解釈のしるしである。
(モンテルラン)
2.
ただただ音楽をやれるのがうれしかった。間違いなく僕は最高のアマチュアでしたね。だからプロになれたんです。
(佐渡裕)
3.
水と油がコントの基本。その場の状況に合わない人が来たらどうなるかを考える。
(劇団ひとり)
4.
一銭一貨
(中国のことわざ)

5.
(原点を見つめ直して再スタートすることは)簡単だよ。自分の心に従えばいいんだ。
(ドラマ『エンゼルバンク〜転職代理人』)
6.
本当に恐ろしいものというのは、予測ができないものである。
(映画『THE 4TH KIND』)
7.
社会に対して、ぶつけたいメッセージがある。言わずにはいられない。ならば、当然、表現のスタイルが決まってくる。内容が形を決めるんだ。どう表すか。それは自分次第。無限の自由がある。
(岡本太郎)

8.
本当に気に入った家は、三件目に建てた家。
(日本のことわざ)
9.
心配をするのではなく、よくなることを思いなさい。
(ジョセフ・マーフィー)
10.
しゃべるものもいいけれども、黙っているのがいちばんいい。
(ラ・フォンテーヌ)