名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
損して得取れ。


[ 出典 ]
日本のことわざ

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
損して得取る。

[ 意味 ]
一時的には損をしても将来の大きな利益を狙うことのほうが重要だ。
損をしたようで実は大いに得をする。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]

[ 解説 ]
多少の損は気にせず、その先の大きな儲けに目を向けたほうが、結果的にうまく行くことが多いようです。
「小さな損」を先行投資だと思えない人は、結局後で何も得ることができないのです。
物事の損得は、長期的な視野に立つことが大切です。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]
1.
「義理」「人情」「恩返し」。GNOがないところにビジネスはない。
(見城徹)
2.
古(いにしえ)をもって今を制する者は、事(こと)の変(へん)に達せず。
(『戦国策』)
3.
そもそも二十歳前後で、自分の進むべき道が分かるほうがおかしいのです。
(ながれおとや)
4.
男の顔は自然の作品、女の顔は芸術作品。
(プレヴォ)

5.
もちろん金は絶対的な力である。と同時に、平等の極致でもある。金の持つ偉大な力は、まさにそこにあるのだ。金はすべての不平等を平等にする。
(ドストエフスキー)
6.
ナンバーワンと組むことに成功すれば、黙っていても全てがうまくいきます。
(孫正義)
7.
命長ければ恥多し。
(荘子)

8.
布地は染め具合で、酒は香りで、花は匂いで、人は言葉遣いで判断される。
(カイエ)
9.
二度と帰らぬものは過ぎ去った歳月である。二度と会うことができないのは死んでしまった親である
(孔子)
10.
ほとんどの職場は小学校さながらだね。大学を思わせる職場はほんの一握りだ。小学校というのはルールを教え、あれこれ小言を言うところ。大学は自由と発見の場で、能力を引き出すところ……少なくともそうあるべ……
(デイル・ドーテン)