名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
(迷いや悩みを)文字にしてはっきりさせると、覚悟しないといけなくなる。
反省もしないといけなくなる。


[ 出典 ]
勝谷誠彦[かつや・まさひこ]
(コラムニスト、1960〜)
『プロ論。2』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
迷い
悩み
文字にする
はっきりさせる
覚悟
反省

[ 全文・続き ]
〈全文〉
迷ったり、悩んだりしたときには、文字にしてみる。
メモを取る。
日記を書く。
なんとなく頭の中でもやもやしているから、迷ったり悩むんです。
文字にすると、もやもやの原因が整理されて、すっきりする。
__ Link __

人は、いろんなことを曖昧にしておきたいんです。
なぜなら、覚悟しなくていいから。
__ Link __

文字にしてはっきりさせると、そうはいかなくなる。
覚悟しないといけなくなる。
反省もしないといけなくなる。
__ Link __

そのかわり、ぼんやりしたもやもやは消えていく。
つまり、やるべきことが見えてくるんです。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 真の愛国者は、かえって国の悪口を言うものです。
(太宰治)


2. さまよい歩く人すべてが道に迷うわけではない。
(J・R・R・トールキン)


3. 人が恐れているものは、希望するものよりも簡単に近づいてくる。
(シルス)


4. 僕はなぜ小説を書くのだろう。困ったことを言いだしたものだ。仕方がない。思わせぶりみたいでいやではあるが、仮に一言こたえて置こう。「復讐。」
(太宰治)



5. 子供が身のほど知らずの大望について語る時に親のなすべきことは、その大望についてあらゆる観点から、よく話し合ってやることだ。そして、できることなら、どうすればその目標に成功する望みをもって近づけるか……
(デール・カーネギー)


6. 戦いとは、つねに二手、三手先を読んで行うものだ。
(アニメ『機動戦士ガンダム』)


7. 相手が今、望んでいることは何かを即座に察知し、その期待にできるだけ応えるよう努力を惜しまない。そうすれば、相手も頼ってきたり、親しみを覚えたりする。
(植西聰)



8. 「情熱」の不断の生殖により、一つの「情熱」の消滅はもう一つの「情熱」の出現につながっている。
(ラ・ロシュフコー)


9. 過ぎ去った過去に思いを馳(は)せるのでもなく、まだ来ない未来に不安を持つのでもなく、今を全力で生きる、今は恵みの時、最高の時と生きることこそ、人生の本道のようです。
(作者不詳)


10. 百計も尽きたときに、苦悩の果てが一計を生む。人生、いつの場合も同じである。
(吉川英治)