名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
黙っている方が しゃべっているのだ


[ 出典 ]
まどみちお[まど・みちお]
(詩人、1909〜2014)
詩「もうすんだとすれば」

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
もうすんだとすれば これからなのだ
あんらくなことが 苦しいのだ
暗いからこそ 明るいのだ
なんにも無いから すべてが有るのだ
見ているのは 見ていないのだ
分かっているのは 分かっていないのだ
押されているので 押しているのだ
落ちていきながら 昇っていくのだ
遅れすぎて 進んでいるのだ

一緒にいるときは ひとりぼっちなのだ
やかましいから 静かなのだ
黙っている方が しゃべっているのだ
笑っているだけ 泣いているのだ
ほめていたら けなしているのだ
うそつきは まあ正直者だ
おくびょう者ほど 勇ましいのだ
利口にかぎって バカなのだ
生まれてくることは 死んでいくことだ
なんでもないことが 大変なことなのだ

[ 解説 ]
沈黙ほど多くのことを語っているということ。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]
1.
知らぬ間に 撮られた写真 気に入らないが そのままの自分が 写っている
(浅田正作)
2.
花には香りが、人には礼儀が求められる。
(インドのことわざ)
3.
綺麗な足でいたかったら、男達の視線に足をさらしなさい。
(マレーネ・ディートリッヒ)
4.
ソーセージ好きの人と、法律を尊ぶ人は、その作成過程を決して見てはいけない。
(「マーフィーの法則」)

5.
幸福に生きる秘訣は、自分のいちばん好きなことをして生きる、ということに尽きる。
(大林宣彦)
6.
人生の節目となる瞬間は、自分ではそれとわからない。
(映画『フィールド・オブ・ドリームス』)
7.
狂気はどこにあるか。それを汝らに植え付けねばならぬのだが。
(ニーチェ)

8.
安らかで幸福な気持ちを得たいと思うのであれば、誰か人を喜ばせるようなことをするのが、一番の方法である。そしてそれは、ほんのちょっとした小さなことでも構わないのである。
(植西聰)
9.
知識には二つのタイプがある。一つは物事を知っていること。もう一つは、それをどこで見つけるかを知っていることである。
(サミュエル・ジョンソン)
10.
由来、人間というものは、自分の姿が見えないので、得てして他人の心の中に理想の姿を持ちやすい。
(シューマン)