名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
水の水上尋ぬれば、始めは苔の雫なり。


[ 出典 ]
「玉葛(たまかずら)」(能の演目)

[ 別表現/別訳 ]
(読み付き)
水の水上(みなかみ)尋ぬれば、始めは苔(こけ)の雫(しずく)なり。

[ 意味 ]
川の水源を訪ねていくと、一番始めは苔から滴り落ちる一滴のしずくに過ぎない。


※転じて、何事もほんのわずかなことから始まるということ。

[ テーマ別名言 ]
川の名言

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

訪ねる
苔(こけ)


[ ランダム名言 ]
1.
言葉は凶器になる。敬語は人を傷つけないよう「車間距離」を置くために生まれたものである。
(竹内均)
2.
日本の病院はあまりにも個人のプライバシーがないでしょ。個室になれば、苦しければ声を出せる。誕生日には見舞い客とお祝いもできる。さらに、最後の時を人間らしく迎えさせてあげることもできます。
(日野原重明)
3.
なせばなると、ずっと思っていた。間違っていた。なしとげたものなんかない。きみは、そのことに気づいていたか?
(長田弘)
4.
部下がのん気に構えていれば、それは変化を与える合図だ。
(デイル・ドーテン)

5.
色酒の苦き覚えて年行きぬ
(尾崎紅葉)
6.
貴女は自分を素敵と思っている。でも、どうして私にそんなこと分かるでしょうか。お化粧や香水をつけることをお止めなさい。そうすれば、私はほんとうの貴女の香りに気づくでしょう。
(へリック)
7.
既成事実さえできれば、理屈や弁解はあとからどうにでもつくもんだ。
(梅崎春生)

8.
世間でよいと言われ、尊敬されているひとたちは、みな嘘つきで、にせもの。
(太宰治)
9.
たやすいことではないけど、自分に嘘をつかないようにしよう。
(ベニチオ・デル・トロ)
10.
みんな、そんなこと無理だと言う。でも、いつも無理だとは限らない。
(ケーシー・ステンゲル)