名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。
なぐさめを求めたくなる時もあろう。
しかし、所詮はこの道しかないのではないか。
いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。
自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
自分だけに与えられているかけがいのないこの道ではないか。


[ 出典 ]
松下幸之助[まつした・こうのすけ]
(松下電器産業創業者、1894〜1989)
『道をひらく』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。
なぐさめを求めたくなる時もあろう。
しかし、所詮はこの道しかないのではないか。


あきらめろと言うのではない。
いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。
自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
自分だけに与えられているかけがいのないこの道ではないか。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 前任の不適任者が去ると、後任の不適任者が補充される。
(「マーフィーの法則」)


2. 誰でも使えるものは作れない。なぜなら、バカは思いもよらないことを考え出すからだ。
(「マーフィーの法則」)


3. 嘘とは何か。それは変装した真実にすぎない。
(バイロン)


4. 成功の方法は、必ずしも知る必要はない。なすべきことを一つ見つけて、これに全力を傾ければいい。
(ジョン・ワナメーカー)



5. 家庭は家と庭でできている。
(和建設の広告コピー)


6. 人間は神と悪魔の間に浮遊する。
(パスカル)


7. 欧米では個人が神に向き合うが、日本人は自己の属する集団に恥をかかせないように己を規制する。
(ルース・ベネディクト)



8. 多くの人はアイデアは持っていない。でも考えは持っている。
(デイル・ドーテン)


9. あなたが虚しく過ごしたきょうという日は きのう死んでいったものが あれほど生きたいと願ったあした
(趙昌仁)


10. 「養之如春」(これを養う春の如し)──何事であれ、もの事を為すには、春の陽光が植物を育てるように為すべきだという意味である。“これを養う”の“これ”には何を当てはめてもいい。子供を育てることも、愛……
(井上靖)