名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
主語は、文の中で使わないほうがいい。
特に、随想やエッセーにおいては、あまり主語を立てると、エッセーじゃなくて論文みたいになってしまいます。


[ 出典 ]
井上ひさし[いのうえ・ひさし]
(小説家・劇作家、1934〜2010)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
主語
文中
使わない
随想
エッセー
主語を立てる
論文
井上ひさしの名言


[ ランダム名言 ]

1. 結婚生活で一番大事なのは何かと聞かれたら、ユーモアと答えます。夫婦の間のごたごたを笑いに紛らすことができないとしたら、まさに悲劇です。他人と一緒に暮らしていると、うんざりさせられるようなことばかり……
(ケン・ブランチャード)


2. 人間は生きたがっている。生きたいと思えばこそ、人間は笑劇じみたドタバタ騒ぎを演じ、ときには人生の落とし穴に自分ではまっていやいやながらも悲劇の主人公さえ演じてしまう。
(井上ひさし)


3. 常に沈着冷静でいられる方法は、「思いもよらない事が必ず起こるぞ」ということを、覚悟していることです。「準備というのは、必ず不完全なものなり」と思っていることです。
(西堀栄三郎)


4. 学んでいることを心から人に分かち与えるとき、あなたは自分に貼られていた否定的なレッテルや、否定的な見方が消えていくことに驚くことだろう。
(スティーブン・R・コヴィー)



5. 新しい企てを成功させる方法は、大胆無謀な計画を立て、熱中してそれに取り組み、可能性を切り開いてゆくことだ。そして、必ず実現すると確信を持って当たることだ。
(クリスチャン・ボヴィー)


6. 他人様に笑っていただけるなら命も惜しくないと思っている幇間(ほうかん)根性にわたしには、これ(=趣向)以上すばらしい妥協なぞないのである。
(井上ひさし)


7. 風からも光る雲からも諸君にはあたらしい力が来る
(宮沢賢治)



8. ベンチャーとは、無理を実現させて、ビジネスに変えることだ。
(漫画『インベスターZ』)


9. 本当の欲望というものはそんな苦しいものではない。本来楽しむためのものが欲望なのだ。それは欲しがれば欲しがるほど、どんどん自分を楽しくさせてくれるものだ。
(中村天風)


10. 食器は料理の着物である。
(北大路魯山人)