名言ナビ



[ 名言 ]
(旅への)衝動を抑制して旅に出なかった時には、(中略)見なかった美しい山水や、失われた可能性と希望との思いが彼を悩ます。
よし現存の幸福が如何(いか)に大きくとも、この償い難き喪失の感情は彼に永遠の不安を与える。

[ 出典 ]
ヤーコプ・ヴァッサーマン
[ワッサーマン]
(ドイツのユダヤ系小説家、1873〜1934)『四十の男』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
彼が旅に出かけようと思ったのは、もとより定(きま)った用事のためではなかったとしても、兎(と)も角(かく)それは内心の衝動だったのだ。
彼は、その衝動を抑制して旅に出なかった時には、自己に忠実でなかったように思う。
自己を欺(あざむ)いたように思う。
__ Link __

見なかった美しい山水や、失われた可能性と希望との思いが彼を悩ます。
よし現存の幸福が如何(いか)に大きくとも、この償い難き喪失の感情は彼に永遠の不安を与える。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
人の値打ちは死んでから決まる。
(作者不詳)
2.
交際社会における女性の談話は、陶器を荷造りするに用いる藁(わら)に似ている。それは何でも無い。が、それが無ければ皆壊れるだろう。
(ド・サルム夫人)
3.
人間が自分の人生から学び取ることのできる最も重要な教訓は、この世には苦しみがあるということではなく、苦しみを活用するかどうかはわれわれ次第であり、苦しみは喜びに変わるということである。
(タゴール)
4.
アドバイスをしても、それを最終的に実行するかどうかは、本人の問題だ。
(鴻上尚史)

5.
他人の考えにしばられたドグマ(教義)に惑わされてはいけない。他人の意見ではなく、自分の中の声を耳を澄ませなさい。
(スティーブ・ジョブズ)
6.
人生にはいやなことがいっぱいある。中でも一番いやなものは、男同士の晩餐だ。
(ディズレーリ)
7.
我々の心には二つの扉がある・・・欲望と恐怖と。
(アウグスティヌス)

8.
反対があるのは健全なこと。本当に力のあるアイデアか試されるわけだから。
(ゲイリー・トゥッカー)
9.
やる価値のあることは、正しくやってこそ価値がある。
(西洋の格言)
10.
真実はあり得るが、永遠は望みがたく、愛する者も寸暇を経れば裏切り者になる。
(テネシー・ウィリアムズ)