名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
どうして、わたしたちは
騒々しくしか生きられないのか?


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
詩集『人はかつて樹だった』
詩「世界の最初の一日」

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
水があった。
大いなる水の上に、
空のひろがりがあった。
空の下、水の上で、
日の光がわらっていた。


子どもたちのような
わらい声が、漣(さざなみ)のように、
きらめきながら、
水の上を渡ってゆく。
遠ざかってゆくわらい声を、
風が追いかけていった。


樹があった。
樹の下には蔭が、
蔭のなかには静けさがあった。
(世界がつくられた)
最初の一日の光景は、
きっとこんなふうだったのだ。


人ひとりいない風景は、
息をのむようにうつくしい。
__ Link __

どうして、わたしたちは
騒々しくしか生きられないのか?
__ Link __

世界のうつくしさは、
たぶん悲哀でできている。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 体力に恵まれていますから千五百局以上指していますが、一局も休んだことがありません。三十九年間皆勤賞ですが、これはすべていかに勝つかということだけに絞って生活しているからでしょう。酒も煙草もやめまし……
(大山康晴)


2. 私一人を 生かしている背景に 天地総力をあげての おはたらきがある
(仏教の法語)


3. 自分を知るのに数学がどれほど助けになるか、まさに驚くべきものがある。
(サミュエル・ベケット)


4. 私の時間になった。死ぬことなどはなんとも思わない。だがこの世に愛するものを残しているのは、なんと心残りな事だろう!──さあ、それでは眠ることにしよう。
(バイロン)



5. 人は自分が強いと考えているだけ強く、自分が価値があると考えているだけ価値があるものです。
(ジョセフ・マーフィー)


6. 人生はあまりに重要すぎて、深刻な話題にすることができない。
(ワイルド)


7. 英雄的な情熱があるのなら、英雄的な愚行もあるはずである。
(ガイヤー)



8. 人間は空腹になると考えることを忘れる。頭で考えると心を忘れる。心にとらわれると全てを忘れる。
(映画『バグダッドの盗賊』)


9. 人間は自分の最高と信じた路(みち)に雄飛しなければ、生きていても屍(しかばね)同然である。
(太宰治)


10. 胸を割ってみせたいくらい、まっとうな愛情持っていたって、ただ、それだけで、だまっていたんじゃ、それは傲慢(ごうまん)だ、いい気なもんだ、ひとりよがりだ。
(太宰治)