名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
美は人間を、打算を離れた感情にまで引き上げる。
人間をその本然の性から引き離すのだから、これは大したことである。
こうした間接な方法で、美は何も教えないが、巨大な力を持った道徳の発動者となる。


[ 出典 ]
エミール・ファゲ
[オーギュスト・エミール・ファゲ]
(フランスの批評家、1847〜1916)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

打算
感情
道徳


[ ランダム名言 ]

1. 教育の目的は、諸事実について知ることでなくて、価値について知ることである。
(W・R・イング)


2. 「偉い人物になれ!」と小学校の頃からよく先生たちに言われて来たけど、あんないい加減な言葉はないや。何がなんだか、わからない。馬鹿にしている。全然、責任のない言葉だ。
(太宰治)


3. 酒が入ると、秘密が出て行く。
(『タルムード』)


4. 日本人は十人集まっても同じ一本のメロディを斉唱する。それは思考作用の貧しさを語っていると思います。これが、ヨーロッパの人になるとすぐ声を分けたがります。国民性がハーモニックなんですね。
(高木東六)



5. 文章の極意は、過不足なし。
(里見とん)


6. 休日は人間に与えられたもので、人間が休日に与えられのではない。
(ラビ)


7. 生きているってことは現実ですぜ。人生ってもんは夢の世界でもなければ空想の世界でもない。切れば赤い血の出る肉体を活かしている瞬間瞬間の一コマを人生と名付けるんです。
(中村天風)



8. 心強くして進め。汝のすべて往(ゆ)くところには汝の神も共にいませば、おそるるなかれ、おののくなかれ。
(『旧約聖書』)


9. 良心とは、私たちのうちにある最もよいものがそこに集中される精緻な鏡である
(ファーブル)


10. 予期しない事実に直面した時、これを処理できる能力を「沈着」という。「沈着」の度合いは、心が平静に戻るまでの時間によってはかる。
(クラウゼヴィッツ)