名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
憶良らは今は罷(まか)らむ子泣くらむ
それその母も我を待つらむぞ


[ 出典 ]
山上憶良[やまのうえのおくら]
(奈良時代初期の歌人、660〜733)
※憶良が宴席を中座するときに詠んだ歌

[ 意味 ]
私はそろそろ、おいとましたいと思います。
我が家では子供が泣いているでしょうし、その母も私を待っているでしょうから。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
暴政は地獄と同様に容易に征服することはできない。しかし我々には戦いが苦しければ苦しいほど、勝利はますます輝かしいという慰めがある。
(トマス・ペイン)
2.
(文芸とは)実際の政治運動の如く民衆に対して強力な指導性を持たず、徐々に人の心に浸潤し、之(これ)を充足せしむる用を為(な)すものだ
(太宰治)
3.
そう、君らにはわかるまいが、五十六十の堂々たる紳士で、女房が恐ろしくてうちへ帰れないで、夜中に外をさまよっているのは、いくらでもいるんだよ。
(川端康成)
4.
及ばざるは過ぎたるより勝れり。
(徳川家康)

5.
一人に可能なことは、万人にも可能である。
(ガンジー)
6.
勉強しなはれや。けど、経済評論家の話を信じたらあきまへん。
(船場商人の格言)
7.
優れた能力も、機会が与えられなければ価値がない。
(ナポレオン・ボナパルト)

8.
お前の推測する義務とは、お前がそれを推測した瞬間からお前を束縛する。
(アミエル)
9.
「やらされている」と思いながら仕事をすると、疲れやすくなります。
(三崎美津江)
10.
しだいに高くそびえてゆく建物を見る喜びは、たとえ今までのところ、その建物にわずか一粒の砂を運んだにすぎない人でも、必ずや心の渇きをいやしてくれるはずである。
(ドストエフスキー)