名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
いいか、危険は人生のスパイスだ。
時には、危険を冒さなけりゃならんぞ。


[ 出典 ]
映画『世界最速のインディアン』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
危険が人生に味をつける。
リスクを恐れてはならん。
それが生きるってことだ。

[英文]
You know, danger is the spice of life, and you've got to take a risk every now and again haven't you ?

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 経営者は、社外に経営の成果を知らせる責任がある。社員の働きがあればこその成果である以上、それが社員に対する礼儀というものだ。
(松下幸之助)


2. 発明研究は、学理に基礎を置いて、しかしてそれが経済上に利あるものでなければならない。
(高峰譲吉)


3. 寂しさにいかに耐えるか、この態度が人間の価値を決めます。
(加藤諦三)


4. にんげんはねえ 人から点数をつけられるために この世に生まれて きたのではないんだよ にんげんがさき 点数は後(あと)
(相田みつを)



5. 気づかいとは、相手を慮ること。相手が“欲しい”と言う前にその気持ちを汲みとり、さりげない行動で示すこと。
(上田比呂志)


6. もし、人生に再版があるならば、私は改訂したい。
(ジョン・クレア)


7. 夢は言わば神の物語であって、私たちがどこにいたか、なぜいたのか、どこへ向かうのか、そこへ行く楽な方法は何かを明かします。
(サラ・バン・ブラナック)



8. 世の中には、往々、何故(なぜ)に宗教が必要であるか、などと尋ねる人がある。しかし、かくの如(ごと)き問いは、何故に生きる必要があるか、と問うのと同一である。
(西田幾多郎)


9. 随筆は小説と違って、作者の言葉も「なま」であるから、よっぽど気を付けて書かない事には、あらぬ隣人をさえ傷つける。
(太宰治)


10. 階段に踊り場があるように、人生にゆとりを持て。そして自分をよく見つめ直す事が大切だ。
(本明寛)