名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
目前の事実に対して、あまりにも的確の描写は、読むものにとっては、かえって、いやなものであります。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『女の決闘』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
少しでも小説を読み馴れている人ならば、すでに、ここまで読んだだけでこの小説の描写の、どこかしら異様なものに、気づいたことと思います。
一口で言えば、「冷淡さ」であります。
失敬なくらいの、「そっけなさ」であります。
何に対して失敬なのであるか、と言えば、それは、「目前の事実」に対してであります。
目前の事実に対して、あまりにも的確の描写は、読むものにとっては、かえって、いやなものであります。
殺人、あるいはもっとけがらわしい犯罪が起り、其の現場の見取図が新聞に出ることがありますけれど、奥の六畳間のまんなかに、その殺された婦人の形が、てるてる坊主の姿で小さく描かれて在ることがあります。
ご存じでしょう?
あれは、実にいやなものであります。
やめてもらいたい、と言いたくなるほどであります。
あのような赤裸々が、この小説の描写の、どこかに感じられませんか。
この小説の描写は、はッと思うくらいに的確であります。


[ ランダム名言 ]
1.
優秀な人間がまずい計画の欠陥を修正することはできても、その逆はまず不可能である。
(ローランド・シュミット)
2.
相手と意見が食い違う時は、敵意をむき出しにしないで、相手を敬愛している気持ちを、表情にも行動にも言葉にも表すよう、努めることだ。
(ポール・ダグラス)
3.
私は多年、一つの戒めを守っている。それは、いつでも新しい観察や考えに接した時には、即座にそれを書きとめておくということである。
(チャールズ・ダーウィン)
4.
戦争が最高の解決策なんて とんでもないわ。この前の戦争で勝った者は誰もいなかったし、この次の戦争だって、誰も勝ちはしないのよ。
(エレノア・ルーズベルト)

5.
兄弟(けいてい)は左右の手なり。
(『三国志』)
6.
道がなければ、自ら、道を開かん!
7.
夢は、目標の先にある。
(萩本欽一)

8.
あなたが毎日行う、「必要最小限」のことは、やがて、あなたが出来る「最大限」のことになります。
(ポール・マイヤー)
9.
行詰まって 身動きできなくても いつか ほぐれて みな 動きだす
(榎本栄一)
10.
人の一生とは、その人が人生をいかに考えたかである。
(アウレリウス)