名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人生の姿勢は、無用のときは、小さく低くしておくに限る。


[ 出典 ]
城山三郎[しろやま・さぶろう]
(昭和の小説家、経済小説の開拓者、1927〜2007)

[ 意味 ]
特に必要がない限り、謙虚な態度をとっているのが一番安全である。
大きな態度を取れば、それだけ人の反感を買いやすいからである。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
他人の長所を伸ばすには、ほめることと励ますことが何よりの方法だ。上役から叱られることほど、向上心を害するものはない。
(チャールズ・シュワブ)
2.
断念することをほんとうに知っている者のみがほんとうに希望することができる。
(三木清)
3.
わずかばかりの誠実さは危険であり、度を越した誠実さは致命的である。
(ワイルド)
4.
戻りて休らうことにこそ、あなたがたの救いがあり、静けさと自信の中にこそ、あなたがたの力があるであろう。
(『旧約聖書』)

5.
すべて成長には活動が必要である。努力しなければ肉体も精神も成長しない。努力とは仕事に精を出すことだ。
(クーリッジ)
6.
羊は正面から、馬は後ろから近づくな。そしてバカにはどこからも近づくな。
(ユダヤの格言)
7.
私は、才能というものは、集団を幸福へ導くため、天が人間の世界に一定の割合で与えてくれた資質だと思っています。そのため、たまたま才能を授かったものは、それを世のため、社会のため、集団のために使うべき……
(稲盛和夫)

8.
すべての家庭人は、人生の半ばをあきらめて居る。
(萩原朔太郎)
9.
神童などという言葉は、家族のつくったものだ。
(ジャン・コクトー)
10.
効果を発揮できるか、幸せになれるか、そしてほとんどの場合において、自分がどういう状況に置かれているかということは、自分自身の責任なのだ。
(スティーブン・R・コヴィー)