名言ナビ



[ 名言 ]
英米のアングロサクソン系や北欧の人々は、「What' If〜?
 (もし〜だったらどうするのか?)」という仮定法による論理的な応答が、日常の会話にも頻繁に出てくる。
言語学的にも「このままだとこうなるから、そうならないためには」という議論をしやすい。

[ 出典 ]
大前研一[おおまえ・けんいち]
(経営コンサルタント・経済評論家、1943〜)

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
英米
言語学
議論
大前研一の名言


[ ランダム名言 ]
1.
しばしば愚人とて実際、時宜に適(かな)ったことを言う。
(アイスキュロス)
2.
好奇心というものは、実は虚栄心にすぎない。たいていの場合、何かを知ろうとする人は、ただそれについて他人に語りたいからだ。
(パスカル)
3.
喜劇では筋が通常結婚によって終わるが、社交界では事件が結婚から始まる。
(マリヴォー)
4.
今日という日は、もう二度と得られない大事な日かもしれません。愛を伝えることのできる(最後の)日として……。
(ロバート・リーズナー)

5.
他人と気まずい関係に陥ったら、双方のことをよく知る特定の人に仲介に入ってもらいなさい。双方の心を癒してくれる場合が往々にしてあります。
(ジョセフ・マーフィー)
6.
物事にそこそこの興味しか持てない人間は、そこそこの人生しか送れない。
(ながれおとや)
7.
孤独な暮らしの目的は、ただ一つしかない。もっとゆったりと、もっと気ままに暮らすことである。
(モンテーニュ)

8.
ものがそこにあるという尊厳。これはいったいなんだろう。ただあるというだけなのに。
(岡本太郎)
9.
奉仕の果実は平和である。
(マザー・テレサ)
10.
学生は、世の中のことをまだよく知らない。なのに数ヵ月間、就職活動をしただけで、どうして一生の仕事などといえるのか。
(伊藤元重)