名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
感性は磨かれるものであって、磨くものではない。


[ 出典 ]
ながれおとや
[ながれ・おとや]
(なぞなぞ作家、言葉遊び研究家、名言研究家、成功哲学・幸福哲学研究家、1967〜)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 解説 ]
感性は、意識して磨こうとしても磨けるものではありません。
もし意識して感性を磨くことができるなら、みんな素晴らしい感性の持ち主になっていることでしょう。


■感性は、美しいものを見て、聞いて、触れて、自然に磨かれるもです。
美しいものに素直に感動し、それを無心で受け入れられる人だけが、美しいものによって感性を磨いてもらえるのです。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]

1. それさえ一つ書いたら死んでもいいなんて、そんな傑作は、あるもんじゃない。
(太宰治)


2. 決すべきことを決せないで一日延ばしにすれば、結局は企業を危うくする。
(飯田亮)


3. 揺らぐことなく長続きする平和を夫婦が手に入れる方法は、間違いなく別居だけである。
(チェスターフィールド)


4. じたばたしたり苦しんだりした時は、実はチャンスなんだ。自分になにが起きているかをしっかり観察すると見えてくるものがあるみたいだ。
(漫画『ブッタとシッタカブッタ』)



5. 成功する人間とは、自分の知識や経験なんてちっぽけなものだと自覚し、他人の力を上手に利用できる人間のことです。
(堀江貴文)


6. 家庭は集団的エゴイズムである。単に愛情のみならず、防衛であり、外部に対する同盟であるようなエゴイズムに堕落する。
(モーロア)


7. 同じように見えるが きょう咲いた花は きのう咲いた花と 同じでない
(榎本栄一)



8. 女がいなかったら、男は神のように生きていくだろう。
(デッカー)


9. 昨日への距離ほど遠いものはない。
(ロバート・ネイサン)


10. 自分の演奏について説明が要るようなら、演奏などするべきではない。
(ルイ・アームストロング)