名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
文体の第一の美点は、明晰なことである。


[ 出典 ]
アリストテレス
[アリストートル]
(紀元前4世紀・古代ギリシャの哲学者、前384〜322)

[ 意味 ]
美しい文体とは、まず第一に言いたいことが明確で、はっきりしていることである。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
文体
美点
明晰
アリストテレスの名言


[ ランダム名言 ]

1. 「縁」とは予期しない偶然性である。そこに人生の妙味がある。
(源豊宗)


2. 汝ら、見られんために己(おの)が義を人の前にて行わぬように心せよ。
(『新約聖書』)


3. 余人をもって代えがたい
(古くからの格言)


4. 悲しめる心よ、落ちついて悔ゆるのをやめよ。雲の後ろには太陽が輝いている。
(ロングフェロー)



5. 受験にはフライングもスピード違反もない。
(林修)


6. 年をとるにつれて、人が言うことには以前ほど注意を払わなくなった。人の行動をただじっと見ることにしている。
(アンドリュー・カーネギー)


7. 子供には、「自分のやりたいことを貫け」「自分の考えを優先しろ」というほうが彼らのためになる。なぜなら、子供のほうが時代の息吹に敏感であり、子供が感じている世界のほうが正しいからだ。
(大前研一)



8. (自分は)「なぜ生まれたか」などという問いにはあまり深く立ち入らないほうが身のためだ。生まれた意味にこだわりすぎると、逆に、人生の空しさを強く感じさせられることにもなりかねない。
(香山リカ)


9. 海を見にゆく。それは、わたしには、秘密の言葉のように親しい言葉であり、秘密の行為のように親しい行為だった。
(長田弘)


10. われ反抗す、故にわれら在り。
(カミュ)