名言ナビ



[ 名言 ]
賢者の信は、内は賢にして外は愚なり、愚禿(ぐとく)が心は、内は愚にして外は賢なり。

[ 出典 ]
親鸞[しんらん]
(鎌倉初期の僧、浄土真宗の開祖、1173〜1263)
『愚禿鈔』(ぐとくしょう)

ページ内メニュー

[ 補足 ]
※愚禿(ぐとく)=僧が自分をへりくだっていう語。
特に親鸞が自称に用いた。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
賢者/賢人




親鸞の名言

[ 解説 ]
真の賢者は、内面は素晴らしいのに、外からは愚かに見えるものです。
一方、愚かな人は、内面は愚かなのに、外見は取り繕っているので素晴らしく見えるものです。
つきあう人を選ぶ時は、外見の見栄え(賢そうかどうか)に惑わされてはいけません。
だからといって、外見が愚か(異常、変)であれば、内面が賢い(マトモ)だとは決して言えません。
むしろ、外見が愚か(異常、変)であれば、たいてい内面も愚か(異常、変)です。
親鸞が言う「愚に見える賢者」とは、「目立たない人」「普通の人に見える人」の中にいると考えた方が適切です。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]
1.
生まれて 老いて 病んで死ぬ だれにも避けられない 永遠の真理 真理の中に 生かされている わたしのいのち
(相田みつを)
2.
賢人は柔軟な考え方を持つが、愚か者はあくまでも自説に固執する。
(ラビ)
3.
いとしい女にはあんな長所、こんな長所がある──と君が信じて疑わないのは、ひとえに想像力のなせるわざである。
(スタンダール)
4.
思考が人間の偉大さをなす。
(パスカル)

5.
笑いとはすなわち反抗精神である。
(チャップリン)
6.
成功をうまく忘れることができた人間だけが、幸せに成功できるんだよ。
(本田健)
7.
良馬は走れば分かる。金銀は溶かせば分かる。象は戦場に出れば分かる。賢者は格言を書けば分かる。
(サキャ・パンディタ)

8.
人に頼めばもっと早くすむかもしれないこと、人に聞けばすぐ教えてもらえるかもしれない。そうした便利なことをがまんする。自分に許さない。そのようにきびしい精神(心)を清貧と言うのではないか。
(浜尾実)
9.
開き直ったら強いっていうけど、男はとんがるのが精一杯で、女は本当に開き直るから、強いよね。
(永六輔)
10.
「原因を自分に求める」ことのできない人にも、幸福になる資格はないのかもしれない。
(櫻木健古)