名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
燕尾服 着慣れてきたら 終わりかな


[ 出典 ]
田中耕一[たなか・こういち]
(化学エンジニア、ノーベル化学賞受賞者、1959〜)

[ 意味 ]
燕尾服が似合うようになってしまったら、研究よりも社交が多くなった証拠で、研究者としては終わりである。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 創造の領域では、基準となるものは何もありません。自分自身の中に羅針盤を求めて、方向を定め、進んでゆかなければならないのです。
(稲盛和夫)


2. 本当に魅力的な人間には、二種類しかない。何もかも知り尽くしている人間か、まったく何も知らぬ人間かのどちらかである。
(ワイルド)


3. 事を遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない。
(松下幸之助)


4. 高きに登るは必ず低きよりす。
(『書経(しょきょう)』)



5. 芸術愛好家は誰かが新しいものを創り出してくれるだろうと待ってばかりいて、自分が創ってやろう、という気持ちを持たない。
(岡本太郎)


6. 神はわたしを愛してくれている。神がわたしを愛してくれるようにひとを愛そう。
(マザー・テレサ)


7. すべての個性には自(おの)ずからの美あり。
(エマーソン)



8. 我々を走らせる軌道は、機関車にはわかっていないように我々自身にもわかっていない。この軌道もおそらくはトンネルや鉄橋に通じていることであろう
(芥川龍之介)


9. 諦めと我慢の意思決定は人生を左右する。
(塚本幸一)


10. 目的地を定めずに乗り物に乗る人はいない。
(作者不詳)