名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
我は張り詰めたる氷を愛す。
斯(かか)る切なき思ひを愛す。
我はその虹のごとく輝けるを見たり。
斯る花にあらざる花を愛す。


[ 出典 ]
室生犀星[むろう・さいせい]
(明治〜昭和の詩人・小説家、1889〜1962)
詩集『鶴』の巻頭詩
詩「切なき思ひぞ知る」

[ 補足 ]
※斯かる(かかる)=このような、こういう。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

愛する
切ない
思い
室生犀星の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
我は張り詰めたる氷を愛す。
斯(かか)る切なき思ひを愛す。
我はその虹のごとく輝けるを見たり。
斯る花にあらざる花を愛す。
__ Link __

我は氷の奥にあるものに同感す、
その剣のごときものの中にある熱情を感ず、
__ Link __

我はつねに狭小なる人生に住めり、
その人生の荒涼の中に呻吟(しんぎん)せり、
さればこそ張り詰めたる氷を愛す。
斯(かか)る切なき思ひを愛す。
__ Link __


[ ランダム名言 ]