名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
貧者(ひんじゃ)は、たとえ真実を語るとも信じられず。


[ 出典 ]
メナンドロス
(紀元前4〜3世紀・古代ギリシャの喜劇作家)
『断片』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 解説 ]
貧しい人が真実を語っても、なかなか人に信じてもらえないものです。
人は、貧しい者よりも裕福な者の言うことを信じる傾向があるからです。
それは、裕福な人の方が社会的地位が高い場合が多いことも大きな理由です。
実際には、むしろ裕福な者の方が、自分の財産や地位を守るために、平気で嘘をつくものです。
しかし、それを貧しい者が指摘しても、嫉みから来る発言として、結局無視されてしまうのです。
そして、貧しい者は所詮自分たちが言っても無駄だとあきらめて、口をつぐむようになります。
いくら貧しい者が訴えても、暮らしが良くならないのも、政治が良くならないのも、全てこの原理によるのです。
だからといって、何も言わないでいれば、さらに状況は悪化してしまいます。
大切なのは、自分たちの意見を代弁してくれる「裕福な人」「社会的地位の高い人」を見つけることです。
そのような奇特な人は滅多にいませんが、残念ながら他には方法は無いのです。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]
1.
苦労が多ければ多いほど、人の何倍も、何十倍もドラマチックな人生なのです。史上に残る最高傑作文学の主人公なのです。
(美輪明宏)
2.
一人の人間の一日には、必ず一人、「その日の天使」がついている。
(中島らも)
3.
運命がカードを混ぜ、我々が勝負する。
(ショーペンハウアー)
4.
人間は言うことが無くなると、必ず悪口を言う。
(ヴォルテール)

5.
「誰もがいつかは死ぬ」 「何かのせいではなく、何かのために死にたいものだな」
(ゲーム『エンター・ザ・マトリックス』)
6.
良心と名声は二つの事柄なり。良心は汝自身に帰すべきものにして、名声は汝の隣人に帰すべきものなり。
(アウグスティヌス)
7.
本当に愛しているならば、無意識に愛の言葉も出るものだ。どもりながらでもよい。たった一言でもよい。せっぱつまった言葉が出るものだ。
(太宰治)

8.
恋愛は幸福を殺し、幸福は恋愛を殺す。
(ウナムーノ)
9.
大食短命
(格言)
10.
大きな舞台になればなるほど、勝負は技術だけにとどまらない。人間そのものの対決になる。
(野村克也)