名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
上達する努力とは、一にも二にも練習です。
もう自分は練習なんかしなくっても負けやしないと思ったとき、その人は下り坂にかかっている。


[ 出典 ]
パーヴォ・ヌルミ
[パーボ・ヌルミ]
(フィンランドの陸上中長距離選手、1897〜1973)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 願望を実現するための明確なプランを立て、準備ができていようとできていなかろうと、ただちにプランの実行にとりかかる。
(ナポレオン・ヒル)


2. 人の真似をするくらいなら、自分の個性がどうやったら表現できるかを考えろ。
(チャーリー・パーカー)


3. 贈り物を気持ちよく受け取ることは、たとえあなたがお返しとして与えるべきものを何も持っていなくても、相手に対して立派なお返しをすることになるのだ。
(リー・ハント)


4. 最初の息は、死の始まり。
(イギリスのことわざ)



5. 赤ん坊がこの世に生まれてくる時は、世の中を変えた方がいい、変えてやろう等と考えて生まれてくるわけではない。
(ウェイン・ダイアー)


6. 致命的にならない限り失敗はしてもいい。
(柳井正)


7. 明日がどうなるか、今日はわからない。
(シモニデス)



8. 組織の内部の変化が、外部の変化についていけなくなったとき、終わりはすぐそこに来ている。
(ジャック・ウェルチ)


9. 世の中には、恋人とか情婦としては通用するが、ほかに何の役にも立たない女がいるものだ。
(ドストエフスキー)


10. 死を軽んじて暴なるは、これ小人の勇なり。死を重んじ、義を持してたゆまざるは、これ君子の勇なり。
(荀子)