名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
知識には作法の衣を着けなければならない。
そして世間に出る道を円滑化せねばならない。


[ 出典 ]
チェスターフィールド
[フィリップ・チェスターフィールド、フィリップ・ドーマー・スタンホープ、第4代チェスターフィールド伯]
(18世紀イギリスの政治家・作家、1694〜1773)

[ 意味 ]
どんなに豊富な知識を身につけていても、行儀作法に欠けていれば、認められて世に出るのは困難である。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
知識には作法の衣を着けなければならない。
そして世間に出る道を円滑化せねばならない。
__ Link __

無作法な知識は偉大なダイヤモンドの原石のようなものだ。
戸棚に並べて好奇の眼で眺めるのにはもってこいであり、またその希少価値のゆえに尊ばれる。
しかし最も賞讃されるのは、磨き上げられた時である。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 男と夫は同じものではない。同様に、女と妻も同じものではない。
(ハヴェロック・エリス)


2. 祈りと食事は、一人でするのが一番よい。
(ヒンドスタンのことわざ)


3. 人間関係がうまくいかない共通的な、基本的な原因は、相手の心の動きに対する無知および感情に対する無理解ということである。または、相手に対する配慮の欠如ということである。
(中澤次郎)


4. 器用なる者は頼りて必ず油断有り、不器用なる者は我が身を顧み、遅れじと嗜(たしな)むゆえ追い越す。
(大蔵虎明)



5. 恋はあらゆる階級の人間が出会うところのプラットホームである
(ギルバード)


6. よくマネジメントされた組織は、日常はむしろ退屈な組織である。
(ドラッカー)


7. 病気とケンカしちゃダメ。ともに生きていけばいいんです。
(新浦壽夫)



8. 上(かみ)に交わりて諂(へつら)わず、下(しも)に交わりて驕(おご)らず、すなわちもって為すこと有るべし。
(揚雄)


9. 熱演だったと言われますが、全力投球というのはいけない。それは逆にいうと、肩に余分な力が入っているということ。抜くところは上手に抜かなければいけないんでしょうね。
(浅野ゆう子)


10. 「やりたい。面白そうだ」と思ったらすぐ動かないとダメだ。
(大前研一)