名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
努力だ。
勉強だ。
それが天才だ。
誰よりも三倍、四倍、五倍勉強する者、それが天才だ。


[ 出典 ]
野口英世[のぐち・ひでよ]
(細菌学者、1876〜1928)
奥村鶴吉著『野口英世』より

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 解説 ]
世の中には、人よりもそれほど努力してないのに、天才的な暗記力や計算力、その他のさまざまな能力を身につけている人が確かにいます。
しかし、そういう「生まれながらの天才」はごくわずかです。
ここが一番重要なところです。
「生まれながらの天才」は滅多にいない。
だからこそ、「生まれながらの天才」ではない人にとって、成功する余地があり、努力のしがいがあるというものです。


■では、野口英世が言うような、「人の3倍、4倍、5倍努力する」ことは、果たして時間的に可能なのでしょうか?


■たとえば、受験勉強を例に考えてみましょう。
人が1日8時間勉強するなら、自分は2倍の16時間勉強する。
もっとも、睡眠時間や食事・お風呂・休憩時間を計算すれば、時間的には14時間が限界です。
これ以上やると、集中力が落ちてしまうので意味がありません。
この時点で、人の1.75倍。


■そこで、土日祝日をフルに利用するのです。
面白いことに、よほどの「好き者」でない限り、土日祝日はたいてい気が緩んで「休んでしまう」ものなのです。
普通の人は、平日5日間で、8×5=40時間。
土日2日間で、4×2=8時間。
合わせて、48時間。
一方、努力する人は、平日5日間で、14×5=70時間。
土日2日間で、14×2=28時間。
合わせて、98時間。
結局、自分の持てる時間をすべて費やして、なんとか2倍です。


■もし、普通の人が1日2〜3時間程度しか費やさない分野であれば、その4、5倍(8〜15時間)を費やすことは時間的に十分可能です。
成功するには、そういう分野を探すのも一つの方法です。


■しかし、受験勉強や仕事のように、激しい競争が生じているような分野では、普通の人でも1日8時間ぐらいは費やすものです。
だからといって、その2倍もの努力をするのは死ぬほどきつい作業です。
途中で挫折する人も大勢出るでしょう。


■実は、他人より秀でるには2倍もの努力はいりません。
1.5倍の努力で十分なのです。
1.5倍より小さいと、質が量を上回り逆転される場合もありますが、1.5倍より大きければ、たいてい量が質を上回るのです。
私の経験では、人の1.5倍の努力で、どんなに悪くても1.2倍ぐらいの成果が得られています。
人より2割秀でるというのは、結構すごいことです。
人の2倍努力するのに比べたら、かなり時間的余裕も生まれるはずです。
努力は、持続可能であってこそ初めて効果を発揮し、成果に結びつくものです。
さぁ明日から、人の1.5倍努力してみませんか?
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]

1. 身を知る者は世を知る。


2. 望みが少なければ少ないほど、平和が多く求められる。


3. あなたが働き場所を選ぶ時には、他の誰も行かないところに行きなさい。


4. 限られた時間の中で、ある一定の成果を出すには、「人のフンドシ」で相撲をとることだ。


5. 若者は、「本当にやりたいこと」「自分にしかできないこと」ならおおいにやる気はある。ただ、それを自分で見つけることができない。



6. 人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ。


7. 鼻風邪は、思想なんかよりずっと多くの苦痛を与える。


8. 会話はキャッチボール。互いに呼吸を合わせ、キャッチしやすい球を投げるのがルールなのである。


9. 悪徳は恋のようである。人はそのためなんでも犠牲にする。


10. 恐れてはいけません。暗いものをじっと見つめて、その中から、あなたの参考になるものをおつかみなさい。



11. 住みにくさが高じると、安いところへ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生まれて、画ができる。


12. どんな言葉も、話し手の魂が納められている寺院である。


13. 聴くべきは大いに容(い)れ、誤れるは、之(これ)を正す。


14. 誰かが奴隷なのは、彼自身の意志のせいであり、ある民族が他国の足かせのもとに置かれるのも、同じくその民族の意志のせいである。


15. 幸福な人間とは、自分の人生の終わりを始めにつなぐことのできる人のことである。



16. 何もかもうまくいくとわからせる為に、雨の日が必要な時もある。


17. スキャンダルに対する異常な関心は、心理的不健康を表す。なぜなら、人の不幸に心から同情できないで、逆に人の不幸に何かしらほっとしたものがあるからである。


18. 個人の間では、法律や契約書や協定が、信義を守るのに役立つ。しかし権力者の間で信義が守られるのは、力によってのみである。


19. 人生は、愚者に困難に見えるとき賢者には容易に見え、愚者に容易に見えるとき賢者には困難に見える。


20. 独りで苦しむということは、友への侮辱に他ならない。