名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
悔恨の無い文学は、屁のかっぱです。
悔恨、告白、反省、そんなものから、近代文学が、いや、近代精神が生れた筈なんですね。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『鴎』(かもめ)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
物語りに長けた者が世界を制する。
(ホピ族の格言)
2.
時間の使い方がもっとも下手な者が、まずその短さを嘆く。
(ラ・ブリュイエール)
3.
ピンチや逆境のときこそ、「このピンチを絶対に乗り越えてみせる」「何が何でも絶対に成し遂げてみせる」という可能思考で事に当たるとよい。可能思考を持続させているうちに、ピンチや逆境に打ち勝つための、勇……
(植西聰)
4.
外交というものは、形を変えた戦争の継続状態である。
(周恩来)

5.
引退といったら世間が騒がなきゃ引退じゃありません。世間が騒がなきゃ、ただ消えただけです。
(永六輔)
6.
人は、何か自分が失ったものをバネに生きている。
(藤原和博)
7.
天才といわれる人は病気なんですよ。でも、それを治すと、普通の人になっちゃいますからね。
(永六輔)

8.
煩悩が一度わきおこれば、善悪の区別等意味をなさなくなってしまうのである。
(阿満利麿)
9.
過去はただ種まきの時代である。
(作者不詳)
10.
普段は親孝行と友情に生きよ。しかし、いざ戦いとなれば、たとえ親でも全力で倒せ。
(大山倍達)