名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
あなたを永遠に愛するという言葉は、(一本の)蝋燭(ろうそく)があなたの生きている間燃え続けるというに等しい。


[ 出典 ]
トルストイ
[レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ]
(19〜20世紀ロシアの小説家、1828〜1910)
『クロイツェル・ソナタ』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
お前を永遠に愛するということは、(一本の)ろうそくがお前が生きている間燃え続けるというに等しい。

[ 意味 ]
生涯ひとりの異性を愛し続けるということは、一生の間一本のろうそくが燃え続けるのと同じくあり得ないことである。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]

[ 解説 ]
ろうそくは時間が経てば消えてしまうように、愛も時間が経てば消えてしまう。
愛はろうそくのようにはかないものであり、永遠にその人を愛し続けることは難しい。
恋愛に限らず、特定の人をずっと思い続けることは難しいのである。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]

1. カルトとは、大きな集団から見た小さな集団のことだ。
(ドラマ『4400』)


2. 苦難の道は永くもあれば、また暗くもある。次第に明るくなるような道は別の道である。
(キルケゴール)


3. 職人にとって、いいモノ作りを体で覚えていく上で、お客さんの声ほどいい栄養はない。
(矢入一男)


4. 治療者と患者の関係のすべてに関わってくるのは、とらえにくい愛、様々な形の愛である。医師は愛という要素の担い手、容器になる。
(カール・メニンガー)



5. 自分のやりたいことを我慢して、自分のすべてを犠牲にして子供を育てる親が、立派な親なのだろうか? そんな親を見て育った子供の心には、親への感謝以上に、負い目や後ろめたさが残ってしまう。
(ながれおとや)


6. 重要な活動をした場合にのみ、自分にご褒美をあげるようにしましょう。そうしていれば、やがて世界があなたに素晴らしいご褒美をくれることでしょう。
(ロバート・G・アレン)


7. 本というのは、おもしろいのだ。古本であれ新本(しんぽん)であれ、もしその本をまだ読んでいないかぎりは、その本はつねに「新しい本」なのである。
(長田弘)



8. 人生における敗者かどうかは、自分自身が決めることであり、他人が決めることではない。自分自身が敗者だと思わない限り、決して敗者ではない。
(ながれおとや)


9. 小人は己を利せんと欲し、君子は民を利せんと欲す。己を利する者は私、民を利する者は公なり。公なる者は栄え、私なる者は亡ぶ。
(西郷隆盛)


10. 敵意と羨望で心がいっぱいの人は、心の平安が保てないのは明らかである。
(ナポレオン・ヒル)