名言ナビ



[ 名言 ]
生じたものはかならず滅びる。
この厳(おご)そかな原則のまえには、男も女も、尊きも賤(いやし)きも、何の差別もない。
すべては刻々の生の間に、刻々の滅(ほろび)を迎うるべく運命づけられている。

[ 出典 ]
九条武子[くじょう・たけこ]
(教育者、京都女子学園・京都女子大学設立者、歌人、社会運動活動家、仏教婦人会創設者、1887〜1928)
自著『無憂華』
「生滅」

ページ内メニュー

[ 関連キーワード ]

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
逝(ゆ)くものはかの水のごとく、暫(しば)らくもとどまらない。
__ Link __

大きな死を頻々(ひんぴん)として送るきのうもきょうも、げに慌しい人生である。

生じたものはかならず滅びる。
この厳(おご)そかな原則のまえには、男も女も、尊きも賤(いやし)きも、何の差別もない。
すべては刻々の生の間に、刻々の滅(ほろび)を迎うるべく運命づけられている。
__ Link __

然(しか)しながら、大乗涅槃(だいじょうねはん)の境地より之(これ)を見るときは、一切の生滅のすがたはまた一の変化にすぎない。
私たちは愛着のかなしみに浸りつつも、覚(さと)りの光のまえに、すべてが永遠のいのちへの道程に在(あ)ることをおもえば、あわただしき人生のすがたも、畢竟(ひっきょう)不滅への第一歩であることが知られる。


[ ランダム名言 ]
1.

2.

3.
( マイケル・ウィン )

4.


5.
( 『金言童子教』 )

6.
( 『聖書』 )

7.

8.

9.

10.