名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
昔、誰それも、あんなことをしたね、つまり、あんなものさ、などと軽くかたづけないでくれ。
昔あったから、いまもそれと同じような運命をたどるものがあるというような、いい気な独断はよしてくれ。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『如是我聞』(にょぜがもん)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 金を儲けようという考えからだけで事業を始めるとすれば、成功しないだろう。
(ホール)


2. 名利の執着をはなれ得ない地上の営みは、いかに麗しく飾られても、畢竟(ひっきょう)、ほろびゆく玩具にすぎない。
(九条武子)


3. 他人のことを傲慢だと批判する人も、たいてい傲慢である。
(ながれおとや)


4. 希望は人の胸に絶えることなく湧いてくる。人間は常に現在幸せであることはなく、いつもこれから幸せになるのだ。
(ポープ)



5. オウムは、おしゃべりは上手だが飛ぶのが下手だ。
(ウィルバー・ライト)


6. 想像──事実がしまいこんである倉庫で、詩人と嘘つきの双方で共有するもの。
(ビアス)


7. 豪胆な人は、どんな仕事でも引き受けるが、すべてを成功させることはできず、失敗もする。
(ナポレオン・ボナパルト)



8. 所謂(いわゆる)「旅行上手」の人は、その乗車時間を、楽しむ、とまでは言えないかも知れないが、少なくとも、観念出来る。この観念出来るということは、恐ろしいという言葉をつかってもいいくらいの、たいした……
(太宰治)


9. 働かざる者には何も与えられない。
(オラース)


10. 外国人が日本において成功するためには、まず「コミュニケーション能力」と「マーケティング能力」を磨くことが大切であること。言い換えれば、日本語による伝達力と日本独自の市場を知る力ということになる。
(ピーター・デール)