名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人間は死期が近づくにつれて、どんなに俗な野暮天(やぼてん)でも、奇妙に、詩というものに心をひかれて来るものらしい。
辞世の歌とか俳句とかいうものを、高利貸でも大臣でも、とかくよみたがるようではないか。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『犯人』

[ 補足 ]
※野暮天(やぼてん)=きわめて野暮な人。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
死期が近づく
俗な人
野暮な人
奇妙

心を惹かれる
辞世の歌
歌を詠む
辞世の句
句を詠む
大臣
太宰治の名言


[ ランダム名言 ]

1. 「いただきます」は、食事の挨拶として大切な言葉。肉も魚も穀物も、すべて他の命の犠牲の上で自分が生きていることを感謝しながら、言いましょう。これが言えるからこそ、人間です。
(美輪明宏)


2. もしも見ているだけで技量が身につくなら、どの犬も肉屋になれる。
(トルコの格言)


3. 私たちの人生は、私たちが費やした努力だけの価値がある。
(モーリアック)


4. 立派にやり遂げたことに対する最大の報酬は、それをやり遂げたことそのものにある。
(ヴォルテール)



5. 自分の愛情は疑っても、嫉妬は疑わないわ。
(川端康成)


6. 賢者が愚者の意見を軽蔑しながら、彼らから尊敬されることを誇りに思っているのは、自己満足的な矛盾である。
(ジョージ・サヴィル)


7. 神がアダムに理性を与えた時、彼は選択の自由を与えたのである。けだし、理性もまた選択にほかならない。
(ミルトン)



8. つま立つ者は立たず。
(老子)


9. (人生に)正しい道というものはない。自分自身の道を発見した人にとっては、最高の、ただ一つの「道」があるだけです。
(ペレイ)


10. 君のやり方は違うだろう。でも僕のやり方はこうなんだ。
(キングスレイ・ウォード)