名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
子どもの本の翻訳が果たしてきた役割がとても大きいのは、その国の子どもの本を読むことが、その国についての最初のリテラシーになるからです。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
『本の話をしよう』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. くどくなる、気短になる、愚痴になる、出しゃばりたがる、世話やきたがる。
(仙腰a尚)


2. 予期しない事実に直面した時、これを処理できる能力を「沈着」という。「沈着」の度合いは、心が平静に戻るまでの時間によってはかる。
(クラウゼヴィッツ)


3. 多くいうまでもなく、人間というものは、いかなる場合にもその人生に生きる際、慌ててはいけないのである。というのは、人生に生ずる錯誤や過失というものは、その原因が、心が慌てたときに多いからである。
(中村天風)


4. 片方の目をなくして、もう片方の目の値打ちがわかる。
(ジョージ・ハーバート)



5. 人に好かれよう、という意識なしに、自然に笑顔がこぼれやさしい言葉が出てくる──そういう人こそが本当に好かれる人なのではないだろうか。
(石川喬司)


6. 何を書くかあらかじめ知って、書いたことがない。じぶんが惹きつけられる何かがそこにある。その何かを見つけるために、じぶん自身がそれを知りたいために書く。
(長田弘)


7. 人として、サラリーマンとして、経営者として、変えるべきもの、これだけは変えてはならない普遍的なもの。その区別がつくかが、勝者としての条件なのです。
(米長邦雄)



8. 余は余の義務を果たせり。
(ネルソン提督)


9. 単独者として生まれ、群棲者として生活すること。その矛盾の幅が私達の生の最初の幅である。
(埴谷雄高)


10. 当事者というのは、全身麻酔を受けている手術患者と同じで、自分が一番何も知らない。当事者に聞けば全部がわかるということは違うんじゃないか。
(長田弘)