名言ナビ



[ 名言 ]
明日のことは配慮すべきである。
細心の注意を払って計画し、準備すべきである。
だが、心配するには及ばない。

[ 出典 ]
デール・カーネギー
(20世紀前半の米国の自己啓発権威・講演家・著述家、1888〜1955)

ページ内メニュー

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
嫉妬とは、嫉妬するその人自身の身を、内から少しずつ蝕(むしば)み腐らせていくものである。
(15世紀インカ文明の格言)
2.
主語を明示しない日本語の言語構造は、相手の気持ちや要求を常に汲み取ってそれに応えようとする姿勢を生み出します。
(榎本博明)
3.
人がワーッと集まっているところには、何かおもしろいものがある。必ずいいものがあるとは限らないが、十のうち一つや二つは、「ああそうか、こんなことがあるのか」と目を見開かされる。ときには自分のアイデア……
(堀場雅夫)
4.
すべて真の生とは出会いである。
(マルチン・ブーバー)

5.
逆境における希望、順境における心配は、禍福に備える心情なり。
(ホメロス)
6.
巧みにしゃべる機知と沈黙する術を心得ていないことは大いなる不幸である。
(ラ・ブリュイエール)
7.
自己のために死ぬのではない。崇高な献身の覚悟である。そのような厳粛な決意を持っている人は、ややこしい理窟(りくつ)などは言わぬものだ。激した言い方などはしないものだ。つねに、このように明るく、単純……
(太宰治)

8.
およそ世の中に、家のために、女の子を親勝手に縁付けるほど惨たらしい事はない。
(泉鏡花)
9.
誰々は私の敵だとか、誰々は私に不親切だと、不親切でもそうは言うな。言えばそれが仲違(たが)いとなる。
(サキャ・パンディタ)
10.
始めに言葉ありき。
(『新約聖書』)