名言ナビ



[ 名言 ]
ほんとうに人間はだれでも、すべての人に対し、すべてのことについて罪があるのです。
人びとはただそれを知らないだけです。

[ 出典 ]
ドストエフスキー
[フョードル・ミハイロビッチ・ドストエフスキー]
(19世紀ロシアの小説家・思想家、1821〜1881)
『カラマーゾフの兄弟』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
自分は修身教科書的な正義とか何とかという道徳には、あまり関心が持てないのです。あざむき合っていながら、清く明るく朗らかに生きている人間が難解なのです。
(太宰治)
2.
人間は現在の自分を拒絶する唯一の生きものである。
(カミュ)
3.
組織の中に仲良しクラブができると、没落する。
(作者不詳)
4.
自分が巡り会うものに、それがたとえ悲しいことであったとしても、それにへこたれずに前を向いていこうという意志を持つこと。人間はやっぱり意志ひとつで変わる、人生は変わっていくと思うんです。
(荻野目慶子)

5.
わが智に自慢しては、われほど分別はなきと思い、人の言うことを嫌うは、誠の智にあらず。
(池田光政)
6.
猫は、心地よさの鑑定家だ。
(ジェイムズ・ヘリオット)
7.
下問(かもん)を恥じず。
(孔子)

8.
お金は自分のために使うよりも、他者に与えることで威力を発揮する。
(ナラヤナ・ムルティ)
9.
なにものかによって自由を奪われているということ、それが人間の生きかただ。
(福田恆存)
10.
人生は喜びに満ちた悲劇である。
(バーナード・マラマッド)