名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
どんな幸福な人間でも、一度は死にたいほど悲しくてつらいことがある。


[ 出典 ]
井上靖[いのうえ・やすし]
(昭和の小説家・詩人、1907〜1991)
『月光』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
どんな幸運な人間でも、一度は死にたい程悲しくて辛いことがある。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. ある時間続いてきた人間関係を根本から変更することは、ちょっと外科手術に似ている。麻酔薬などなしに、いちばん敏感で傷つきやすい心へ凶器を差し込む事になる。
(澤地久枝)


2. なぜ我々は我々の悲しみを予期しなければならないのだろうか。それは死の恐怖のために死ぬ人間と同然である。
(J・ダンハム)


3. 所有の本能は人間の本能の基礎である。
(ウィリアム・ジェームズ)


4. 「事柄に対するよろこび」と人は言う。しかし本当はそれは事柄を介しての自己に対する喜びである。
(ニーチェ)



5. 新聞の中で、唯一信頼できる事実が書かれているのは、広告である。
(マーク・トウェイン)


6. 重い病から回復する鍵は、四つの信頼にあると思う。自分を信じ、医師を信じ、治療を信じ、そして自分の信念を信じることだ。
(バーニー・シーゲル)


7. 経営者にとって必要なものは、会社はいま、どのような経営状態にあり、どのような手を打てばよいのかを判断できる「生きた数字」なのである。
(稲盛和夫)



8. 心に迷ひなき時は、人を咎(とが)めず。
(上杉謙信)


9. 逆境、それはその人に与えられた尊い試練であり、この境涯に鍛えられてきた人は、まことに強靱である。
(松下幸之助)


10. 悪事千里を走る。
(日本の格言)