名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
過ちを犯したとき、如何に対処するかでその人の本当の値打ちが決まる。


[ 出典 ]
松下幸之助[まつした・こうのすけ]
(松下電器産業創業者、1894〜1989)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 富があっても幸福にならないように、学問があっても知恵は得られぬ。
(シュヴァリエ・ド・ブーフレ)


2. 一見無愛想に見える上司こそ、実は、とてもシャイな性格で、どのように部下に接するべきなのか、上司自身が迷っている。
(梅森浩一)


3. 情熱は欠陥であるか、美徳であるかである。ただどちらにしても度を越えているだけだ。大きな情熱は望みのない病気である。それを癒し得るはずのものが、かえってそれを危険にする。
(ゲーテ)


4. 知識はいくらでも得ることができます。しかしそれを行動に移す勇気がなければ、それらは何の役にも立ちません。さあ、いますぐにやりましょう。
(ロバート・G・アレン)



5. 一生涯一人の女なり男なりを愛するということ、それは一本のローソクが生涯燃えるということと同じです。
(トルストイ)


6. すべての人が進むべき道を知っているが、わずかな人だけがその道を歩く。
(達磨)


7. 人間の両手はそろえると器にもなるんですね。これは人間だけでしょうね。
(永六輔)



8. 眼鏡をはずしている時は、決して人と喧嘩(けんか)をしようなんて思わないし、悪口も言いたくない。ただ、黙って、ポカンとしているだけ。そうして、そんな時の私は、人にもおひとよしに見えるだろうと思えば、……
(太宰治)


9. ぼくはいつも何かことば以上のものにこがれていて、そのため、時にはただ黙っていたいのです。
(谷川俊太郎)


10. お前がどれだけ頑張ったとしても、上には上がいる。でも、そこで下を見て満足するような人間にはなるな。
(作者不詳)